新着情報

2021年3月8日
第6回オンライン会社見学会ハフハフ@東京魚類容器様
2020年8月19日
No.5 Tさんの事例
2020年8月19日
No.4 オンライン会社見学会「ハフハフ」@こうれいきょう様
2020年8月17日
YouTubeチャンネル開設しました。
2020年8月17日
Facebookページ開設しました。
› 続きを読む

よくわかるわかもの就労ネット(Q&A)

わかもの就労ネットワークの特徴を、企業様 利用者の若者 サポステ 当NPOそれぞれの目線から、対話形式の記事にまとめました。

※エピソードをクリックすると開きます

■エピソード1 : なんで働かないの?

若い頃からがむしゃらに働いてきた自分にとって、引きこもりは理解しがたい存在なんだ。

君はどうして働かないの? 

<社長>

僕は新卒で入った会社の労働環境がひどく、身体と心を壊して退職、自宅療養が長くなり、気がついたら何年も経っていました。

働きたい気持ちがあっても、ブランクが長く、自信もないし、採用してくれる所もないと感じています。
<若者>

それは大変だったね。働きたくない訳じゃないんだね。
<社長>

はい。アルバイトやサークル活動も未経験で、そもそもコミュニケーションが苦手です。

働きたいとは思うけど、自信がないので、すぐ正社員は無理だと思うし、今はアルバイトでも勤まるか不安です。
<若者>

社会経験が少なかったり、ブランクのある人には、就職活動の前に、自分に合う仕事を探しながら、必要な力を身に付ける「職場体験」が有効です。

企業にとっても、実際に様子を見れるので、不安なく自社に合った人材を段階的に教育・訓練・選考・採用できます。
<就労ネット>

■エピソード2 : 若者と企業をつなぐNPOとは?

私達はNPOわかもの就労ネットワークです。若者を受入れることに将来の希望を見出した経営者で立ち上げました。

今は働きたくても働けない若者の、「職場体験」を進めています。若者が集まる『若者サポートステーション』と、私達の企業ネットワークが連携しています。

若者が自らに合った仕事に出会い、職場に向かう支援をしています。
<就労ネット>

ネットさんが若者を紹介してくれるのですか?

ネット はい。自分の住む地域での就労を望み、職場体験を希望している若者が多くいます。
<社長>

実は通勤時間が長いのは、キツイです。。。
<若者>

体験だけならいいけど、給料や交通費はどうなるんだい?
<社長>

この活動は若者サポートステーションの研修プログラムのため、基本的に若者の交通費や謝金などの企業負担はありません。

給与の発生もありません。また、体験者保険加入など職場体験時リスク回避についても、事前に対策をして進めています。
<就労ネット>

ほほう。だが体験後、必ず雇ってくれと言われると困るよ。
<社長>

はい。雇用の約束は不要です。何回も受入れを重ねて、ぜひ気長に自社に合う人材と出会ってください。

もし雇用に結びつかなくても、体験の場を提供することは、貴社にとってもメリットになるのですよ。
<就労ネット>

■エピソード3 : 若者サポートステーションとは?

ところで、若者が集まる「若者サポートステーション」って何だい?
<社長>

厚生労働省が各地に設置する就労支援機関です。地域のNPOなどが受託運営しています。若者支援専門家による個別面談、就職に関わるセミナー、企業見学、企業での労働体験などを行います。
<就労ネット>

私達はいま、東京都練馬区の若者サポートステーションと近隣企業の職場体験をコーディネートしていて、将来的には全国各地での職場体験を促進することをめざしています。
<就労ネット>

■エピソード4 : 企業へのメリットは?

で、先ほどの、我が社のメリットを聞かせてもらいたい。
<社長>

実習生への指導は、社員教育と一緒です。指導を担当する社員さんの指導力が高まります。人に何かを教える場合、自分がきちんと理解していることが必要なので日頃の業務内容の整理になります、
<就労ネット>

それは確かにそうだ。
<社長>

また、若者と向き合うことで、自社の若手社員の気持ちが理解できるようになります。
<就労ネット>

実はここ数年、若い社員の離職に悩んでいるんだ。彼らの気持ちがわからなくて困っている。
<社長>

私達NPOのメンバーには、若者とのやりとりに慣れている国家資格キャリアコンサルタントが多く在籍します。社長にアドバイスできますよ!
<就労ネット>

わからないことばかりだから、サポートしてくれるのは助かるなあ。
<社長>

採用広告や合同企業説明会とは違う形で、地域志向の若者と出会えます。
<就労ネット>

最近は人材不足で採用コストもバカにならない。地域の若者と出会い、ゆっくりと知り合っていける
<社長>

■エピソード5 : 職場体験実習の流れは?

ネット まずは、貴社へお伺いし、若者ができる業務があるか、一緒に考えます。

社長は、どんな若者達がいるか、ぜひ若者サポ―トステーションに見学に来てください。

若者サポートステーションとの調整もこちらで行います。実習に行く候補者が出て来たら、具体的に体験時間・内容や通勤のことなどを決めましょう。実習中に何をすればよいかや、困ったことのフォローも、私達にお任せください。
<就労ネット>

まずは名刺交換を。
<社長>

ありがとうございます!
<就労ネット>